育毛剤データベース

Hair Tonic Database

メインイメージ

効果的な育毛剤の選び方

ひとくちに育毛剤といっても、実は様々なタイプがあります。
では育毛剤と養毛剤の違いはなんでしょう?
そのなかから自分に合っていると思うものを見つけるのがポイントです。
十分に検討したうえで、最適な製品を選びましょう。

ここでは、製品選びの基準となる指標を解説しています。
薄毛は複数の要因が絡み合って引き起こされることから、
ひとそれぞれ解決すべき原因が異なります。

その原因を明らかにして、適切に合理的に対処するのが理想です。
まずは自分の毛が抜けている原因を考えてみましょう。
それに対して根本的に解決できる方法を育毛ツールに求めるのが正解です。

そして、上記のとおりに育毛剤には解決すべき問題ごとにタイプが分かれています。
まずは、そのタイプを見極めるという点から解説していきましょう。

様々な育毛剤タイプ

そもそも髪の毛のトラブルは圧倒的に男性に多いといわれています。
この背景には性ホルモン、つまり男性ホルモンが大きな要因になっているとされています。
一部の男性ホルモンは毛母細胞や毛乳頭などの発毛に大きな影響力を持っている部分の
働きを阻害してしまうような作用があるのです。

それ故に、ホルモンバランスが乱れると抜け毛などの症状が引き起こされます。
これに対しては単純にホルモンバランスを正常化させることが求められます。

その需要にこたえているタイプも存在します。
比較的ポピュラーなタイプであり、多くの人に効果的な働きをすると言って良いでしょう。

基本的には、男性ホルモンを抑制する働きがあります。
特にデヒドロテストステロンという発毛に対しては非常に有害な男性ホルモンに対して、
これを抑制するノコギリヤシなどの成分は有用性が高いことで知られています。

さらに脱毛の大きな要因として知られているのが【血行不順】です。
そもそも髪の毛は毛母細胞という細胞から作り出されます。
この細胞の働きが弱まってしまったり、活動が中止されてしまえば髪の毛が薄くなります。

健康な人であれば、細胞の活動に支障きたす事態は起こらないでしょう。
しかし、近年ではこの細胞の活動が弱まっている人が増えてきている傾向にあります。

その原因として挙げられるのが血行不振なのです。
この原因は血液の働きにあります。

血液と細胞は非常に密接な関係を持っています。
血液が酸素や栄養分を供給することで細胞が働くことができるのです。

これがコレステロール値などが高くなりドロドロ血液になってしまったりすると、
頭皮に十分な血液が巡らずに毛母細胞が栄養失調になります。
これを改善するために頭皮の血行を促進させるタイプの育毛剤もあります。

それぞれの特徴を見極めて上手に活用しましょう。
育毛剤を使う期間や効果を高めてくれる食べ物についてや、女性用の育毛剤はどんなものなのかといったような内容がかいてあるサイトがありますので参考にしてください。

安全性に対して

効能なども大切な要素ですが、副作用などのリスク管理も大切です。
そこで刺激の強い化学成分の入ったものは避けるのが一つの手として考えられます。

オススメは天然成分のみで作られている製品です。
無添加のものであればさらにベターです。
こちらに抜け毛の原因と育毛剤の使い方、成分一覧と効果の現れ方についてや、副作用はあるのかや育毛剤の良くある疑問についてかいてあるサイトがありますのでご覧ください。