育毛剤データベース

Hair Tonic Database

メインイメージ

育毛剤が効かない時の対処方法

育毛剤は有効性の高さ故に、非常に多くの人に利用されています。
しかし、自分には果たして効果はあるのか?と不安に感じている人もいるかもしれません。

実際に使用してみても、なかなか効果が出ないと悩んでいる人もいますが、
まだ投げださずに少しだけ続けてみましょう。
もしかすると、少し使い方が間違っているだけで効果が半減しているかもしれません。

あるいは、まだ効果が表れていないだけであって、
もう少しの辛抱で効き目を感じることが出来るかもしれません。

ここでは、なかなか効き目を感じることが出来ない時の対処法について詳細に解説しています。

早とちりかも?

いざ使ってみても、効果が出ないと悩んでいる人は少なくありません。
そんな人は、今使い始めて何日経過したか確認してください。

多くの場合、半年以下しか経過していないのではないでしょうか?
そういったケースの場合は、効果が出ないと早とちりしているかもしれません。

そもそも基本的には、育毛剤は一朝一夕に効き目が表れるものではありません。
いわゆる即効性は期待しないようにしましょう。
ある程度の期間は我慢してひたすら真面目に継続する必要があります。

最低でも半年程度は我慢してみましょう。
多くの場合で、効能を感じることができたのは半年から一年程度の間だと言われています。

【継続こそが結果につながる最短のプロセス】です。
じっくりと腰をおちつけて、もう少し辛抱してみてください。
かならず成果が目に見える日がやってくるはずです。
自分に合った育毛剤についてはこちらにかいてあります。

育毛剤を効きやすくするコツ

もしくは使用方法が間違っている可能性も指摘できます。
使うタイミングや使用後のケアなどが意外に大切なポイントとなってくるのです。

まず第一に、使用時は使いすぎに注意しましょう。
製品のパッケージを読んで、一回あたり使用する適切な量を把握することから始めます。
使いすぎてしまえば、髪の毛がべとべとになって逆効果です。

また使用するタイミングも大切です。
シャワーを浴びる前に使用しても、スグに洗い落としてしまう事になるうえに、
髪の毛や頭皮が汚れていて、薬液が浸透していきません。

そのため、シャワー後に使用するのが理想的とされています。
育毛シャンプーなどと併用して頭皮を清潔な状態に保ったうえで使用しましょう。
薬液がしっかり浸透して、薬効を最大化できます。

髪の毛は半分濡れているくらいの状態がもっとも塗布に適切です。
これは、浸透率が高くなるという理由が背景にあります。

効能が出ないときには、上記の点を意識してみましょう。
男性用と女性用の育毛剤のちがいはこちらにかいてあります。