育毛剤データベース

Hair Tonic Database

メインイメージ

育毛剤を正しく使って効果アップ

抜け毛や薄毛は、男性ホルモンの影響によるもの(男性型脱毛症 AGA)や、
皮脂の過剰分泌、毛穴のよごれ、髪の生成に必要な栄養の不足、血行不良、
などによって起こります。

見た目にも頭皮の健康にも良くありませんので、
何とか再び健康な髪の毛を生やしたいものです。

そのような目的に対して活躍するのが『育毛剤』です。

ご自身で、食生活・シャンプー方法・生活習慣の見直しをすることが大切ですが、
髪の栄養などのサポートをし、より効果的に髪の毛を生やすことが出来るのです。

しかし、正しい使い方をしないと思ったような効果は得られませんので
注意が必要です。

ここでは、塗布タイプとサプリメントタイプの正しい使用方法についてご紹介いたします。

間違っていると意味がない

どのような薬でも、どのような健康食品でも、
正しい使い方をしなければ効果を得られないのはご存知かと思います。

それは育毛に関しても同じことです。

育毛に必要なのは、
『頭皮の環境を髪のが育つ環境にすること』
『髪の毛を作る毛母細胞に必要な栄養を送ること』
『血行を促進する事』です。

サプリメントにしても塗布タイプにしても、
まずは頭皮が綺麗でなければ栄養が行き渡らず、意味がありません。

といってもただシャンプーすれば良いというわけではないのです。

家庭で頻繁に利用されている『高級アルコール系シャンプー』は、
ラウリル硫酸などの頭皮に良くない成分が配合されています。

洗浄力が強すぎるため、皮脂を余計に洗い落としてしまい、
それが皮脂の過剰分泌の原因となっていることが多いのです。

美容室で販売されているシャンプーにも
ラウリル硫酸などが含まれていることがありますので、注意しましょう。

こういった点を考慮すると、やはり育毛にとって、
育毛シャンプーとの併用が一番望ましいと言えます。
タイプ別の育毛シャンプーはこちらにあります。

余分な皮脂だけを取り除き、発毛サイクルを正すことで
育毛剤の効き目も格段に向上するのです。
日本と海外の育毛剤それぞれの特徴はこちらにかいてあります。

正しい使い方

髪の毛の育成におすすめの使い方をご説明致します。

【塗布タイプの使用方法】

●まず、髪の毛に優しい成分で出来た育毛シャンプーで髪や頭皮の汚れを落とします。


●髪の毛を半分程度乾かし、育毛剤を適量塗布します。(適量は製品によって異なります。)

●指の腹で優しく念入りにマッサージし、頭皮の血行を促進します。

これらは、夜に行う事をお勧めします。

髪の毛は、成長ホルモンが分泌される睡眠中に成長しますので、
夜の入浴後に使用するのが一番効果が表れやすいのです。

サプリメントも含め、正しい使用方法は製品によっても多少違いがありますので、
しっかりと確認して効果を実感しましょう。