育毛剤データベース

Hair Tonic Database

メインイメージ

副作用の心配は?

男性ホルモンの分泌を抑えることができたり、
頭皮の血行を促進したりと様々な働きが期待されている育毛剤ですが、
その安全性については、どのように考えられているのでしょうか?

この問いに関しては、一概に答えることが出来ません。
なぜなら、製品ごとに副作用などのリスクが大きく異なるからです。

すなわち、安全な製品を使用したいということであれば、製品選びの段階から、
十分に注意しておくことが必要になります。

ここでは、そういった安全性についての基準を説明します。
正しい知識を身に着けて、製品選びに役立てましょう。

アレルギー体質の方

人間はどんな成分でも【アレルギー】を引き起こしてしまう可能性があります。
もちろん育毛剤についても例外ではありません。

一般的には注意する必要も心配する必要もありませんが、念には念を入れておきましょう。

基本的には殆どすべての製品で十分な安全性におけるテストがなされています。
よほどの粗悪品でない限り、ある程度の安全性は確保されていると考えてOKです。
しかし、上記のとおりアレルギーの危険性は誰しもが孕んでいます。

そこで必ず行っておきたいのが「パッチテスト」です。
髪の毛を染める時などに利用した経験がある人もいるかもしれませんが、
含有成分と自分の身体の相性を事前にチェックして、安全性を確かめるという方法です。

具体的な症状としては、かゆみや赤みの他にも発疹などが挙げられますが、
これらの症状が頭皮に起きてしまえば、大変なトラブルになります。

それを防ぐために行うのがパッチテストです。
面倒に感じてしまう人もいるかもしれませんが、是非やっておきましょう。
もしものことがあった時に後悔することになります。

特に体の調子が悪い方やアレルギー体質の方は必須です。
最近では肌にやさしい育毛剤天然素材で作られた育毛剤なんかもあるみたいです。

医薬品という意識を

育毛剤はあくまでも医薬品だという意識を持っておく必要はあるかもしれません。
なかには医薬部外品の育毛剤というものもあります。
なんとなく使用してしまいがちですが、作用しているのは含有されている成分です。

これらの成分は、時には科学的な合成物質である可能性もあります。
その場合は、副作用が起こるリスクも高くなってしまいます。

この条件を踏まえると、合成物質ではない製品を選ぶことをオススメします。
天然成分から出来ている製品も少なくありません。
さらに合成物質が無添加のものもあります。

安全性からも頭皮の状態を考慮する場合でも、こちらの方がメリットが大きいでしょう。
当然のことながら、副作用を引き起こす可能性も低いと考えられます。