育毛剤データベース

Hair Tonic Database

メインイメージ

薄毛・抜け毛の仕組み

抜け毛や薄毛に悩んでいる人は少なくありません。
しかし、その原因やメカニズムを理解している人は殆どいないでしょう。
原因を知り理解することで、それに対する対応も適切なものがわかってきます。

ここでは、髪が抜けたり薄くなっていく仕組みを解説しています。
十分に理解すれば、育毛剤の選び方に対する基準にも一層の意味が生まれてくるでしょう。

また、髪の毛のトラブルで悩んでいる人が近年では増加傾向にあります。
もちろん、それは偶然ではありません。
ここでは、その理由・背景についても詳細に解説していきます。

男性ホルモン

男性ホルモンという言葉を知っている人は少なくないでしょう。
この物質は第二次性徴を引き起こすなどの作用などが主な働きとして知られています。
何の悪影響も与えないと考えている人もいるかもしれませんが、
実は薄毛などの髪のトラブルを引き起こす最大の要因なのです。

また、男性だけに分泌されるというわけではありません。
どちらかといえば、男性の方が割合が多いかもしれませんが女性も僅かに分泌しています。
さらに、男性ホルモンと呼ばれる物質にも幾つかの種類があります。

なかでもデヒドロテストステロンという物質は抜け毛の原因として知られています。
この物質が毛乳頭などの発毛を担う部分に悪影響を及ぼしてしまうのです。

そんな背景から女性よりも男性の方が薄毛などの症状を引き起こしやすいと言われています。
男性型脱毛症とよばれる症状の原因は上記のとおりです。

これに対しては、男性ホルモンの分泌を抑えたり、
ホルモンバランスと整える働きの育毛剤が効果を発揮します。

この点を十分に理解して、製品選びに役立てましょう。

血液

二つ目の要因としては頭皮の血行が挙げられます。
この血行が滞ることによって、髪の毛が正常に生えてこなくなるのです。

発毛と大きく関係している毛母細胞には酸素や栄養素などの、
血液によって運ばれてくる要素が必要不可欠です。
それらが十分に運ばれてくることがなければ機能が低下してしまうのです。

しかし、近年では血液の流れが悪い人が急増しています。
それと比例するように、上記の理由から抜け毛に悩まされる人が増えています。

この背景には【生活習慣の乱れ】が挙げられます。
慢性的な運動不足に陥っている日本人が増えてきているとともに、
食事のバランスが欧米化してきているという要因が重なっています。

特に食の欧米化は大きな問題で、血中のコレステロールが増える最大の原因です。
結果的に血液の粘土が増して、ドロドロ血液になってしまいます。
そして血液が滞りがちになって、頭皮などの細い血管には十分に血が巡らなくなるのです。

これを改善するのが育毛剤や育毛シャンプーの代表的な役割です。
育毛シャンプーが重要な理由とランキングBEST5はこちらをご覧ください。